2018.07.18

バルサ、DFの人員整理を検討…ミナとヴェルマーレンが放出候補に

ミナとヴェルマーレン
今夏のバルサ退団が噂される両選手 [写真]=Soccrates Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するコロンビア代表DFジェリー・ミナとベルギー代表DFトーマス・ヴェルマーレンが、今夏中にチームを離れる可能性があるようだ。17日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 バルセロナは今夏にセビージャからU-21フランス代表DFクレマン・ラングレを獲得した。ラングレの加わったセンターバックにはスペイン代表DFジェラール・ピケ、フランス代表DFサミュエル・ユムティティを含めて現在5名の選手がいることから、バルセロナは人員整理を検討しているという。報道によると、ミナとヴェルマーレンのどちらか一方が売却される可能性が高いようだ。

 現在23歳のミナは2018年1月にパルメイラスからバルセロナへ移籍した。昨シーズンのリーガ・エスパニョーラでは4試合の出場にとどまったものの、コロンビア代表の一員として臨んだ2018 FIFAワールドカップ ロシアでは3試合に出場し3得点を挙げるなど印象的な活躍を見せていた。

 現在32歳のヴェルマーレンは2013-14シーズン終了後にアーセナルからバルセロナへ加入した。昨シーズンのリーガ・エスパニョーラでは14試合に出場。ロシアW杯のベルギー代表メンバーにも選出され、3試合に出場していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る