2018.04.17

レアル、今季リーガで唯一の珍記録…アウェイ戦績がホームを上回る

レアル・マドリード
15日のマラガ戦ではアウェイで2-1と勝利を収めたレアル・マドリード [写真]=NurPhoto via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節でレアル・マドリードはマラガと対戦し、2-1と勝利。今シーズン20勝目を挙げた。同試合の勝利により、レアル・マドリードはある点において“リーガ唯一のクラブ”となったようだ。16日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 ジネディーヌ・ジダン監督が率いるレアル・マドリードは、スペイン代表MFイスコの1ゴール1アシストの活躍もあり、アウェイでマラガに勝利。勝ち点を「67」に伸ばし、3位に浮上している。

 今節での勝利により、レアル・マドリードが今シーズンのアウェイ16試合で獲得した勝ち点は「34」となった。首位を走るバルセロナに次いで、リーガ2位の成績となっている。

 一方、レアル・マドリードがホーム16試合で獲得した勝ち点は全体4位の「33」と、アウェイゲームの成績を下回っている。報道によると、今シーズンのリーガ・エスパニョーラにおいて、アウェイでの戦績がホームを上回っているのはレアル・マドリードだけとのことだ。

 実際のところ、今シーズンのレアル・マドリードは、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでの不調が目立っている。リーグ戦のホームゲームでは10勝3分け3敗で、アウェイ(10勝4分け2敗)より敗戦が一つ多い。

 準々決勝敗退となったコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)ではホームで3試合を戦い、2分け1敗と未勝利だった。またチャンピオンズリーグ(CL)では、準々決勝セカンドレグでユヴェントスに1-3と敗れるなど、ホームでの不安定な戦いぶりが目につく。『アス』は「今シーズンにおいては、ベルナベウの魔法が失われているように思える」と指摘している。

 1つでも上の順位でリーグ戦を終えるために、落とせない試合が続くレアル・マドリード。残り6試合、どのような成績で終えることになるのだろうか。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る