2018.03.28

アルゼンチン戦3得点のイスコ、喜びを語る「代表は命を与えてくれる」

イスコ
アルゼンチン戦でハットトリックの大活躍を見せたイスコ [写真]=Getty Images

 27日にマドリードで行われた注目の国際親善試合は、スペイン代表が6-1でアルゼンチン代表に圧勝するという衝撃の結果に終わった。

 両チームが互いに攻撃的な姿勢を貫いた一戦は、スペイン代表がアルゼンチン代表に完成度の違いを見せ付けた。前線からの積極的なプレッシングにより、アルゼンチン代表のビルドアップのミスを次々と誘ったスペイン代表は、MFイスコ(レアル・マドリード)がハットトリック、FWイアゴ・アスパス(セルタ)が1ゴール3アシストを記録するなど、大黒柱のFWリオネル・メッシ(バルセロナ)を欠くアルゼンチン代表を完全に粉砕した。

 ハットトリックを達成し、「1試合で3点も決めるのは初めてだ。記念のボールは家に飾るよ」と喜びを語ったイスコは、スペイン代表での居心地の良さを説明するとともに、レアル・マドリードでもレギュラーを奪取したいという意欲を示した。

「今日のパフォーマンスにはとても満足している。クラブで出場機会が少ない僕に、代表は命を与えてくれる。ここには(フレン)ロペテギ監督からの信頼がある。一方、レアル・マドリードでは選手にとって必要な信頼を得られていない。とはいえ、問題は好選手揃いのチームで存在感を出し切れない自分にあると思っている。だからこそ、厳しい練習をもっと重ね、(ジネディーヌ)ジダン監督の信頼を勝ち取りたい。僕は自分が優れた選手であることを証明する気持ちにあふれている」

 一方、45分間の出場ながら後半の4得点全てに絡んだイアゴ・アスパスは、スペイン代表での生き残りに懸ける強い姿勢を見せた。

「今日はスペイン代表のレベルの高さを誰もが目にしたことだろう。このチームには素晴らしい選手が揃っている。23人しかW杯に行けないのが残念なくらいだ。一方、自分にとってはセルタでの残り1カ月半のシーズンが重要となってくる。9番のポジションを掴むのは本当に厳しいけど、そこを目指してハードワークを続けていきたい。とはいえ、監督から求められるなら、サイドでもトップ下でもFWでもどこでもプレーするよ」

 今回の国際Aマッチウイークでは、現世界王者のドイツ代表とドローを演じ、強豪アルゼンチン代表に圧勝するなど、大きな手応えを掴んだスペイン代表。「僕たちは将来性豊かな非常に良いチームを作り上げている」とイスコが自信を表した通り、ロシアで行われるW杯では2大会ぶりの優勝を十分に期待できそうだ。

文=北村敦

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る