2018.03.22

去就問題で揺れるイニエスタが胸中を語る「キャリアで最も重要な決断」

イニエスタ
中国やアメリカへの移籍が噂されるイニエスタ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが下部組織時代から過ごしたクラブでの去就問題について言及し、複雑な心境を述べた。スペイン紙『マルカ』が22日付で伝えている。

 12歳で下部組織に入団してからバルセロナ一筋で過ごしてきたイニエスタは今年で34歳を迎える。今シーズン、リーガエスパニョーラでは22試合に出場しているが、ハムストリングのトラブルなどでの欠場や途中交代、途中出場も増え始めている。同紙では今シーズン終了後に中国やアメリカのクラブへ移籍するのではないかと報じていた。

 バルセロナと生涯契約を結んだとされるイニエスタだが、自身の去就については決めかねているようだ。同選手はコメントを残し、複雑な胸の内を明かしている。

「これは、自分のキャリアの中で最も重要な決断の一つであるし、多くのものが変わる年齢になってきたということも理解している。また、魅力的な選択肢が多く与えられていることも事実だよ。ただ、(移籍するとしても)バルセロナと競い合うようなクラブにはいくことはあり得ないね。これは愛の問題ではなくて気持ちの問題なんだ。僕がまだチームに貢献できるのかというね。もし怪我無く過ごせたら、あと2年はバルセロナのスタメンとして貢献できると思っている」

「もしクラブを去る時が来るとすれば、それはプレーヤーとしても、1人の人間としても100パーセントクラブに貢献できなくなった時だ。もちろん難しい決断なのはわかっている。ただ僕は今、落ち着いて過ごせているし、今年はとても楽しくプレーできているよ」

「多くのことが頭の中を駆け巡っている。まだ決定を下すには数週間の期間が残されているんだ。続けるかそうでないかはおいおい決める時が来るはずさ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る