2018.03.21

ディバラとシメオネ監督が会食…A・マドリード、グリーズマンの後釜探しか

移籍の噂
ディエゴ・シメオネ監督(左)とパウロ・ディバラ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督と、会食していたことが分かった。イタリア紙『トゥットスポルト』が20日に報じている。

 ディバラに関しては、レアル・マドリードの幹部との接触の可能性がスペイン紙『アス』によって報じられていた。しかし、スペインメディア『マルカ』は、20日にディバラが同胞のシメオネ監督とマドリード市内のレストランで食事をしたことを報じた。

 ディバラは、アルゼンチン代表の招集から外れ、クラブのマッシミリアーノ・アッレグリ監督の許可を得て、短期休暇をもらっている。この休暇を利用し、マドリードを訪れていたようだ。なお、ディバラは既にイタリアのトリノに戻っていることも伝えられている。

 アトレティコ・マドリードは、ストライカーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの去就が不透明となっており、今回のマドリード訪問については、アトレティコ・マドリード移籍のために交渉を行ったとの見方も出てきている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
ヘルタ・ベルリン
10pt
バイエルン
9pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る