2018.03.21

“キング”たる所以…C・ロナウドが達成した「破られない4つの記録」

C・ロナウド
圧倒的な成績を打ち立てているC・ロナウド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが19日、母国の年間最優秀選手賞を獲得した。「常に自分がナンバーワンだと示している」という言葉の通りに、これまで数々のタイトルをクラブと自分にもたらしてきた。そこで、彼がこれまで達成してきた記録の中で、「今後破ることのできない4つの記録」を紹介する。

■2つのクラブでの成功

C・ロナウド

2つのクラブで活躍 [写真]=Getty Images

 これまでバロンドール(欧州年間最優秀選手)、世界年間最優秀選手、ゴールデンシュー(欧州最多得点記録)、チャンピオンズリーグ(CL)優勝、国内リーグ、国内カップ戦、クラブワールドカップを、レアル・マドリードとマンチェスター・Uで合計33個獲得。1つのクラブでも上記のタイトルを全て獲得できるのは困難であり、それを環境の違う2つのチームで実現したのは歴史的に見てもほとんどいない。今後どんな若い選手がこの記録に近づけるのか楽しみである。

■リーガ・エスパニョーラで286試合300ゴール

C・ロナウド

ゴールパフォーマンスで宙を舞うC・ロナウド [写真]=Getty Images

 2009年にレアル・マドリードへ加入して以降、数々のゴールをチームにもたらしてきた。そして、スペイン史上最速でリーグ戦300得点を達成したのだ。1試合あたり1.05ゴールを叩き出したC・ロナウドは、未だにトップフォームを維持しており、今シーズンは1月13日のビジャレアル戦までリーグ戦わずか4ゴールだったが、現在では得点数を22まで伸ばしており、得点ランキングトップのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの25ゴールに迫っている。

■トップリーグで6シーズン連続公式戦50ゴール越え

C・ロナウド

ゴールという結果を出し続ける [写真]=UEFA via Getty Images

 300ゴール達成は世界最高峰のストライカーであることを証明したものの、6シーズン連続50ゴールという記録は、もしかしたら前者の記録より素晴らしいものかもしれない。“ライバル”のメッシが2010-11シーズンから3シーズン連続で50ゴールの記録が途絶えてしまったことを考えると、達成するのがいかに難しいかわかる。

10-11:54試合53ゴール
11-12:55試合60ゴール
12-13:55試合55ゴール
13-14:47試合51ゴール
14-15:54試合61ゴール
15-16:48試合51ゴール

■CLで7シーズン連続2桁得点

C・ロナウド

CL2連覇にも貢献 [写真]=Real Madrid via Getty Images

 C・ロナウドの類いまれな得点能力は、リーグ戦だけでなくCLの舞台でも発揮された。少ない試合数の中で、7シーズン連続で2桁ゴールを挙げることができたのは、同大会が始まってから60年以上ある歴史の中で彼だけである。今シーズンもすでに12ゴールを奪っており、13-14シーズンの17ゴールを上回る記録を残すかもしれない。

11-12:10試合10ゴール
12-13:12試合12ゴール
13-14:11試合17ゴール
14-15:12試合10ゴール
15-16:12試合16ゴール
16-17:13試合12ゴール
17-18:8試合12ゴール ※今シーズンの成績

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る