2018.03.12

ネイマール、PSG退団&レアルへの移籍の意思を代理人に伝える?

ネイマール
パリ・サンジェルマン退団報道が加速するネイマールだが… [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、代理人を務めるネイマール・シニア氏にレアル・マドリードへの移籍の意思を伝えたと、スペイン紙『ABC』が11日に伝えている。

 報道によると、PSGのチャンピオンズリーグ(CL)敗退が決まった6日、ネイマールはシニア氏に対して同クラブでのキャリアに見切りをつけ、レアル・マドリードへ移籍する決断を伝えたという。その際、「PSGには戻らない。これはもう後戻りできない決断だ」と強い意思を示したとされる。

 ネイマールは現在、負傷した右足のリハビリのため母国ブラジルに滞在中。ただ、2018 FIFAワールドカップ(W杯)ロシアに万全の状態で臨むことが最大の目標であり、今シーズン中にフランスに戻る意思はないとされる。負傷した2月25日のリーグ・アン第27節マルセイユ戦が、PSGでのラストマッチになる可能性もあるという。

 ネイマールの要望を受けたシニア氏は今後、PSGにレアル・マドリードへの移籍許可を求める模様。なお、自由に交渉を行うために、今後一切の給与の受け取りを拒否する可能性もあるとされる。

 一方で、フランスのテレビ番組『Telefoot』は、PSGのナセル・アル・ケライフィ会長とスポーツディレクターを務めるエンリケ・アンテロ氏が数日以内にブラジルへ飛び、ネイマールのもとを訪問すると伝えている。その目的は激励に留まらず、今後のプランについても話し合う見込みで、2022年まで契約が残る同選手の慰留に全力を尽くす考えのようだ。

 なお『ABC』によると、ネイマールが昨年夏に加入したばかりのPSGからの退団を強く希望する理由は4つ存在するようだ。

 1つ目は、PSGの一部ファンから不当な扱いを受けていることだという。イスラム系移民たちが大半を占める同グループは、昨年9月に起きたPKキッカーを巡る騒動でネイマールではなく、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニを支持。さらに、サッカー界史上最高額となる移籍金2億2200万ユーロ(約292億円)で加入したネイマールへの野次が絶えないとされる。これに耐えかねたネイマールは「伝統もないリーグにきて、野次の対象となるのなら、僕は今後一切プレーしたくない」と話したようだ。

 2つ目は、PSGの同僚の中にも“カバーニ支持派”が存在し、チームが二分していることだという。現状、ブラジル人選手で構成されるグループと、アルゼンチン人選手とウルグアイ人選手で構成される2グループに分裂している状態だとされる。

 また、PSGとリーグ・アンに対して失望を感じていることも退団理由の1つに挙げられている。PSGは2年連続でCL8強に残ることができず、欧州制覇の野望はまたも打ち砕かれた。対照的に、国内リーグでは2位モナコに14ポイント差をつける独走状態を築いており、競争力という点で物足りなさが残る。ネイマールは、リーグ・アンとCLとのレベルの差が大きすぎることに満足していないという。

 そして最後の理由は、以前から熱望する“バロンドール”を獲得するうえで、レアル・マドリードが最高の環境だと考えているからだという。現在26歳のネイマールは、今後キャリアの最盛期を迎える。CL2連覇中と“欧州最強”の地位を築く同クラブでプレーすることで、自己実現を達成できる可能性はかぎりなく高まるだろう。なお移籍を実現するために、年俸ダウンにも応じる考えのようだ。

 スペイン紙『アス』は、レアル・マドリードがネイマールの獲得に向けて4億ユーロ(約526億円)を用意していると報じている。果たして、サッカー界を揺るがした昨年夏を上回る移籍オペレーションは実現するのか、今後の動向から目が離せない。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る