FOLLOW US

レアル、バルサ、アトレティコ相手にホームで負けなしのクラブとは?

レアル・マドリード相手に勝利を収めたエスパニョール [写真]=Getty Images

 今シーズンのリーガ・エスパニョーラにおいて、1位バルセロナ、2位アトレティコ・マドリード、3位レアル・マドリードの”3強”相手にホームで無敗を達成したクラブが誕生した。27日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 偉業を成し遂げたのは、バルセロナに本拠を構えるエスパニョール。同日行われた第26節でレアル・マドリードをホームに迎えると、後半アディショナルタイム3分にスペイン人FWジェラール・モレノが値千金の決勝ゴールを決めて、1-0の勝利を飾った。

 エスパニョールは昨年12月17日に行われた第17節アトレティコ・マドリード戦でも、劇的な勝利を収めた。終盤の88分に元スペイン代表FWセルヒオ・ガルシアが決勝点をマーク。1-0で勝利した。さらに2月4日の第22節では、首位バルセロナ相手に1-1で引き分けた。同紙によると、同クラブが”3強”相手にホーム無敗を成し遂げたのは、1997-98シーズン以来、実に20年ぶりのことだという。

 またエスパニョールにとっては、リーグ戦でレアル・マドリードから勝利を奪うのも、11年ぶりのことになる。2007年10月20日に行われたホームゲームで2-1の勝利を収めて以降、実に20試合にわたって白星がなかったという。なお前回勝利を挙げたのは、1992年のバルセロナ五輪でメイン会場として使われたオリンピックスタジアムでのこと。2009年にオープンした新本拠地のRCDEスタジアムでは、今回が嬉しい初勝利となった。

 今シーズンここまで26試合を戦って、7勝10分け9敗。暫定13位と中位に甘んじるエスパニョールだが、”ジャイアントキラー”ぶりを示すことに成功したと言えるだろう。

(記事/Footmedia)

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA