2018.02.25

ヘタフェ、2度のPK失敗が響いて7試合ぶりの黒星…先発の柴崎は後半頭に途中交代

柴崎岳
2試合ぶりに先発出場を果たした柴崎 [写真]=Quality Sport Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第25節が25日に行われ、柴崎岳が所属するヘタフェとビジャレアルが対戦した。前節出場がなかった柴崎は先発メンバーに名を連ね、2試合ぶりのスタメン復帰を果たしている。

 試合は3分にいきなり動く。スルーパスに反応したカルロス・バッカがディフェンスラインの裏に抜け出し、グラウンダーで中央に折り返す。そのクロスにエネス・ウナルが滑り込みながら合わせたボールがゴールに転がっていき、ホームのビジャレアルが早い時間帯に先制に成功する。

 先手を取られたヘタフェだったが、35分に大きなチャンスが訪れる。ビジャレアルのハビ・フエゴが腕を絡めてジェネ・ダコナムを倒したとして、ヘタフェにPKが与えられることに。しかし、アンヘル・ロドリゲスが放ったシュートに対してGKセルヒオ・アセンホがビッグセーブを見せ、得点を許さず。ヘタフェは絶好の同点機を逸してしまう。

 得点が必要になったヘタフェは、後半の頭から柴崎に代えてFWのホルヘ・モリーナをピッチに送り出す。49分、そのモリーナがハウメ・コスタに倒され、ヘタフェにこの試合2度目のPKが与えられる。今度は先ほど失敗したアンヘルではなくモリーナが自らキッカーを務めたが、ここでもアセンホがシュートをストップしてゴールを割らせず。ヘタフェは一度ならず二度までも相手の守護神にPKを阻まれ、またしてもビッグチャンスを活かせなかった。

 試合はそのまま1-0で終了。アセンホのチームを救う2度の好セーブによって、ビジャレアルが貴重な勝ち点3を手にした。2度にわたるPK失敗が響いたヘタフェは、7試合ぶりの敗戦を喫することになった。なお、先発出場した柴崎は45分までプレーした。

 ヘタフェは次節、28日にホームでデポルティーボと対戦する。

 【スコア】
ビジャレアル 1-0 ヘタフェ

【得点者】
1-0 3分 エネス・ウナル(ビジャレアル)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る