2018.02.22

C・ロナウドら温存のレアル、逆転勝利で3位浮上…S・ラモスPK弾など3得点

レアルが逆転勝利で3位浮上を果たした [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 延期分のリーガ・エスパニョーラ第16節が21日に行われ、レアル・マドリードはアウェイでレガネスと対戦した。

 前節から中2日で、クリスティアーノ・ロナウドやトニ・クロースらを温存したレアル。先発にはセルヒオ・ラモス、カリム・ベンゼマ、イスコ、マルコ・アセンシオらが名を連ねた。だが、先に試合を動かしたのはホームのレガネス。6分、左CKでウナイ・ブスティンサが合わせるが、これはGKキコ・カシージャに阻まれる。それでも、諦めないブスティンサはテオ・エルナンデスのクリアを体でブロックすると、ボールはゴールに吸い込まれ、先制点となった。

 だが、レアルは11分、エリア手前でマテオ・コヴァチッチ、カゼミーロとつなぎ、エリア内右に抜け出したルーカス・バスケスが右足シュートをゴール左隅に沈めて同点。29分には、コヴァチッチのパスからカゼミーロ、ベンゼマ、L・バスケスがダイレクトでつなぎ、最後はエリア内左のカゼミーロが右足でゴール左隅に決め、逆転に成功した。

 後半に入ってレガネスは64分、右サイドを抜け出したナビル・エル・ザールがグラウンダーのクロスを入れると、ニアでクラウディオ・ボーヴュが合わせるが、GKカシージャ、の好セーブに阻まれる。一方のレアルは82分、エリア内でパスを受けたアセンシオが反転から右足を振り抜くが、シュートは相手GKにキャッチされた。

 90分、エリア内へ突破したコヴァチッチが倒されてPKを獲得。これをキッカーのS・ラモスが冷静にゴール右に沈めて、ダメ押し弾を決めた。レアルは3-1の逆転勝利を収め、3位浮上を果たした。

 レアルは24日の第25節でアラベスをホームに迎える。レガネスは同日にホームでラス・パルマスと対戦する。

【スコア】
レガネス 1-3 レアル・マドリード

【得点者】
1-0 6分 ウナイ・ブスティンサ(レガネス)
1-1 11分 ルーカス・バスケス(レアル)
1-2 29分 カゼミーロ(レアル)
1-3 90分 セルヒオ・ラモス(PK)(レアル)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る