2018.02.09

コウチーニョが移籍後初ゴール!…バルサ、5年連続の決勝進出で国王杯4連覇に王手

コウチーニョ
バルサ移籍後初ゴールを決めたコウチーニョ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝セカンドレグが8日に行われ、バレンシアとバルセロナが対戦した。

 ファーストレグを1-0で制したバルセロナは開始9分、エリア手前右のFKでリオネル・メッシが左足で直接右隅を狙うが、シュートはGKにセーブされた。一方、ホームで逆転突破を狙うバレンシアは14分、左サイドのホセ・ルイス・ガヤのクロスにロドリゴが合わせるが、打点の高いヘディングシュートはクロスバーに嫌われた。

 バレンシアは27分にロドリゴがエリア手前左からミドルシュート、バルセロナも30分にメッシがエリア手前右から左足で狙うが、どちらも得点には至らず、前半はスコアレスで折り返す。

 バルセロナは後半からアンドレ・ゴメスを下げてフィリペ・コウチーニョを投入。するとこの采配がいきなり的中する。49分、ルイス・スアレスがエリア内左へ侵入してクロスを送ると、逆サイドに走り込んだコウチーニョが滑り込みながら右足で合わせて先制点。コウチーニョは移籍後初ゴールとなった。

 だが、バルセロナは74分にピンチ。ゴンサロ・グエデスに右サイドを突破されると、クロスの折り返しをゴール前フリーのガヤに合わされる。だが、GKヤスパー・シレッセンが至近距離からのシュートを好セーブし、得点を許さなかった。

 ピンチをしのいだバルセロナは82分、L・スアレスが相手DFのバックパスをカットし中央へボールを送ると、イヴァン・ラキティッチが冷静に左隅に沈めて、試合を決定づけた。直後の83分にはジェラール・ピケに代えて、ジェリー・ミナを投入。今冬加入したミナがバルサデビューを飾った。

 試合はこのまま終了し、バルセロナが2-0で勝利。2試合合計3-0でバレンシアを破り、5年連続の決勝進出を決めた。現在3連覇中のバルセロナは、1930年から1933年にかけてアスレティック・ビルバオが達成して以来、85年ぶりとなる4連覇に王手をかけた。

 決勝は4月21日に行われ、バルセロナはセビージャと対戦する。

【スコア】
バレンシア 0-2(2試合合計:0-3) バルセロナ

【得点者】
0-1 49分 フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)
0-2 82分 イヴァン・ラキティッチ(バルセロナ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る