2018.01.23

レアル、スペイン代表GKの獲得が幻となった原因は? スペイン紙が報道

ケパ・アリサバラガ
レアル・マドリード移籍が噂されていたケパ [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 22日、アスレティック・ビルバオは、スペイン代表GKケパ・アリサバラガとの契約更新を発表した。一時はこの冬のレアル・マドリード移籍が確実視されていた同選手だが、その移籍話が幻となった原因を、同日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 ケパはビルバオの下部組織出身のGKで、現在23歳。昨年3月にはスペイン代表に初選出され、それ以降代表に定着している。レアル・マドリードは、この将来性豊かなGKを補強のターゲットに設定。今年6月末が期限だったビルバオとの契約更新の動きも進展がなく、今月上旬の時点では、スペイン現地各紙は「ケパのレアル行きが間近に迫っている」と伝えていた。

 しかし、22日に状況が一転し、ビルバオはケパとの2025年までの長期の契約延長を発表。2000万ユーロ(約27億円)だった移籍金の設定額は、8000万ユーロ(約108億円)に大幅に増額された。この契約更新と同時に、ケパのレアル・マドリードへの移籍は完全に幻となったとされている。

 この現状について、『アス』は「ジダンの『NO』とケパの家族がカギとなった」と報じている。レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督は、今月6日の会見で「今はGK補強の必要はない」と明言。コスタリカ代表GKケイロル・ナバスと、スペイン人GKキコ・カシージャがいる中での新たなGK補強に、強い難色を示していた。この監督の意向から、レアル・マドリードはケパ本人に「1月での獲得はない」と連絡していたと、『アス』は伝えている。

 また最近のケパは、移籍騒動に加えて足の故障もあり、不安定な日々を過ごしていた。そんな同選手にとって家族の存在は大きく、その家族の意向が、ケパをビルバオとの契約延長に向かわせたとされている。

 2つの要素が絡んで幻となったケパのレアル移籍。ジダンとケパの今回の判断は、両者の未来にどのような影響を及ぼすことになるのだろうか。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
レアル・マドリード
48pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る