2018.01.12

首位バルサとレアル、18戦で勝ち点差「16」に…現地紙指摘の16要因とは?

「16」もの勝ち点差があるバルサとレアル [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節でセルタと対戦し、2-2の引き分けに終わったレアル・マドリード。勝利を逃した結果、首位バルセロナとの勝ち点差は「16」に開いた。シーズン折り返しを前にして、両雄の差はなぜ大きく広がったのか。9日付のスペイン紙『マルカ』が勝ち点差「16」にちなみ、16個の要因を挙げている。

(1)テア・シュテーゲン vs ナバス
 バルセロナのドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは毎試合のようにスーパーセーブを披露。今や「世界屈指のGK」との評価を確立した。一方、レアル・マドリードのコスタリカ代表GKケイラー・ナバスは常に実力を疑問視され、加入秒読みとされるアスレティック・ビルバオのスペイン代表GKケパ・アリサバラガの陰に隠れている。ジネディーヌ・ジダン監督はナバスを擁護するが、ケパの加入を待ち望むクラブの姿勢は変わらない。なお、2人の差はデータでも明らかだ。テア・シュテーゲンは今シーズンのリーグ戦全試合にフル出場。失点数は「7」、1試合平均失点も「0.39」だ。リーガ・エスパニョーラで最も失点率が低いGKに贈られるサモラ賞争いでもトップを快走している。だが、ナバスは10試合に出場して10失点。1試合平均で1失点を喫している。

(2)センターバックのパフォーマンス
 スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやフランス代表DFラファエル・ヴァランを出場停止やケガで欠くことがあったレアル・マドリードでは、スペイン代表DFナチョ・フェルナンデスこそ及第点のプレーを見せているが、夏の新戦力であるスペインU-21代表DFヘスス・バジェホはリーガ・エスパニョーラでほとんど出番が得ていない。また、S・ラモスとヴァランに関しても、不安定な守備でチームの足を引っ張っている。対照的にバルセロナは、スペイン代表DFジェラール・ピケとフランス代表DFサミュエル・ユムティティのレギュラーコンビに穴がなく、ユムティティの負傷離脱後にはベルギー代表DFトーマス・ヴェルマーレンが素晴らしいパフォーマンスを披露した。また、アルゼンチン代表DFマスチェラーノも出番を得れば、しっかりと仕事をこなしている。

(3)両サイドバックの活躍度
 両チームの差は、ブラジル代表DFマルセロとスペイン代表DFジョルディ・アルバのパフォーマンスの差と言っても過言ではない。マルセロは本来のレベルになく、セルタ戦では失点の原因となって批判を浴びている。一方、J・アルバはキャリア最高と言えるプレーを披露。右サイドバックにしても、スペイン代表DFダニエル・カルバハルとモロッコ代表DFアクラフ・ハキミのレアル・マドリードに対して、スペイン代表MFセルジ・ロベルトとポルトガル代表DFネルソン・セメドのバルセロナの方が一枚上手と言える。特に攻撃面の貢献度で明暗が分かれる。バルセロナでは、J・アルバとS・ロベルトが共に6アシストを記録。フランス代表DFリュカ・ディニュの1アシストを加えると、サイドバックだけで計11アシストをマークしている。一方、レアル・マドリードでは、マルセロが1アシストを記録しただけである。

(4)“Bチーム”の貢献度
 年間を通じて開催される長丁場のリーグ戦を勝ち抜くには、ベンチメンバーを含めた総合力が不可欠だ。バルセロナではスペイン代表FWパコ・アルカセルやヴェルマーレンが活躍。さらに、開幕当初は控えだったブラジル代表MFパウリーニョがレギュラーへ昇格し、ゴールを量産している。対するレアル・マドリードでは、スペインU-21代表MFダニ・セバージョスが第6節アラベス戦で2ゴールを挙げる活躍を見せたが、控え選手の目立った活躍は見られない。昨シーズン、リーグ制覇の鍵となったローテーションは機能しておらず、“Bチーム”の貢献度は低い。

(5)ジダン監督 vs バルベルデ監督
 両指揮官の表情もチームの現状を反映している。昨年8月のスーペル・コパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)で完敗を喫した後、バルセロナに平穏をもたらしたエルネスト・バルベルデ監督は表情も柔らかい。一方でジダン監督は、ケパの補強を進めるクラブに明らかな不快感を示している。就任以来、レアル・マドリードに数々のタイトルをもたらしたジダン監督だが、今は不振の“責任者”へと変わり果て、今もなお解決策を提示できないでいる。

(6)ストライカーの出来
 今シーズンのリーガ・エスパニョーラでは、フランス人FWカリム・ベンゼマは2ゴール、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは4ゴール、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルも4ゴール。いずれも一桁にとどまっている。一方、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは16ゴール、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスは11ゴールを挙げている。“BBC”の合計得点数は、L・スアレス一人の数字にも届かない。チーム別に比較しても、バルセロナが48ゴールを挙げているのに対して、レアル・マドリードは32ゴールにとどまっている。欧州5大リーグにおいて、レアル・マドリードより多くの得点を奪っているチームは「22」もあるのだ。

(7)メッシ vs C・ロナウド
 C・ロナウドは昨年、バロンドールとFIFA最優秀選手賞(ザ・ベスト)の2冠を達成したが、今シーズンのリーガ・エスパニョーラでは沈黙したままだ。セルタ戦やバルセロナとの“エル・クラシコ”など、重要な試合でのパフォーマンスからも本調子でないことは明らかである。対照的に、メッシは開幕から大活躍。「エースはチームの調子のバロメーター」と言われるが、まさにそのとおりだろう。

(8)新戦力の適応
 ジダン監督は冬の補強を望んでいないが、一方で夏に獲得した新戦力を起用することもない。対するバルセロナは、セメドとパウリーニョを継続的に起用。さらにケガから復帰したフランス代表FWウスマン・デンベレと、今月加入が発表されたブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョをピッチ上で目の当たりにする機会は今後増えるだろう。

(9)中盤力
 レアル・マドリードの不振の原因の一つが、中盤の機能低下だ。クロアチア代表MFルカ・モドリッチもドイツ代表MFトニ・クロースも、昨シーズンのレベルにない。コンディションの問題はともかく、両選手ともに本来のパフォーマンスを発揮できていないのは事実だ。一方のバルセロナでは、セルヒオ・ブスケツとアンドレス・イニエスタの“スペイン代表コンビ”が完全に復調を遂げた。

(10)ハングリー精神の欠如
 レアル・マドリードのOBであるアルバロ・ベニート氏は、現在のチームについてこう発破をかけた。「レアル・マドリードは、何も勝ち取れなかった時代のハングリーさやスピリットを取り戻さないといけない」。レアル・マドリードは昨シーズン、リーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグ(CL)の2冠を達成。CLでは史上初の連覇を成し遂げた。しかし彼らは、満たされてしまったのだろう。数々の新記録と共にリーグ制覇を達成したモウリーニョ監督時代のレアル・マドリードも、翌シーズンに極度の不振に陥った。

(11)ケガ人の影響
 バルセロナはユムティティをケガで欠いたが、彼の不在は大きなダメージとならなかった。長期離脱を強いられていたデンベレについても同様である。一方、レアル・マドリードでは、出場停止処分を受けて開幕4試合を欠場したC・ロナウド、度重なる負傷に苦しんだベイル、心臓の問題で療養を強いられたカルバハルなど、主力不在時に勝ち点を取りこぼした。

(12)ホームゲームの成績
 バルセロナは今シーズン、本拠地カンプ・ノウで8勝1分け。勝利を逃したのは第14節セルタ戦だけで、ホームで稼いだ勝ち点(25)はリーグトップである。一方、レアル・マドリードは本拠地サンティアゴ・ベルナベウで5勝2分け2敗。ベティスとバルセロナに敗れ、バレンシアとレバンテ相手にドローに終わった。

(13)過去との決別
 C・ロナウドが思わず口にしたように、レアル・マドリードはスペイン代表FWアルバロ・モラタ、ポルトガル代表DFペペ、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが所属した昨シーズンの方が良い戦力を抱えていた。そして、今もペペの守備力やモラタやJ・ロドリゲスの得点力を惜しむ声が絶えない。しかし、バルセロナの面々にブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマンへ移籍)を懐かしむ様子はない。彼らは自分たちの力を信じているのだろう。

(14)ファン
 今シーズンのカンプ・ノウでは空席が目立つことも珍しくない。だが、デンベレの復帰やコウチーニョの加入など、ファンを喜ばせるニュースは確かに存在する。昨シーズンはユヴェントス相手にCL敗退を喫した後、スタンドから健闘を称える拍手も贈られた。一方、サンティアゴ・ベルナベウが歓喜に沸くのはわずかな瞬間だけ。試合の大半は、ベンゼマを筆頭に絶えずブーイングや野次が飛んでいる。彼らはチームの現状に苛立ちを隠せない。

(15)エル・クラシコ
 優勝を占う両チームの直接対決は“勝ち点6”の価値がある試合であり、「シックスポインター」と呼ばれる。昨年12月に行われた“エル・クラシコ”もまさにそうだった。レアル・マドリードは勝てば勝ち点差を「8」に縮めることができたが、ホームで敗れ、差は「14」にまで広がった。レアル・マドリードに大きな衝撃を、バルセロナにはさらなる自信を与える結果だった。

(16)未消化試合
 現在、勝ち点差は「16」まで広がったが、FIFAクラブワールドカップに出場したレアル・マドリードには1試合未消化の状態である。とはいえ、延期となっているレガネス戦に勝ったとしても、13ポイントの差がある。もちろん、同試合での勝利は保証されておらず、16ポイント差は変わらない可能性すらある。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る