2017.12.15

S・ラモスとカルバハル、12試合連続のファイナル出場へ準備万端か

セルヒオ・ラモス、ダニエル・カルバハル
12試合連続出場を目指す(左)S・ラモスと(右)カルバハル [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスと同代表DFダニエル・カルバハルは、16日に行われるFIFAクラブワールドカップ UAE 2017決勝で、12試合連続のファイナル出場を目指すようだ。14日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 レアル・マドリードは13日に行われたFIFAクラブワールドカップ UAE 2017準決勝で、アル・ジャジーラ(UAE)に2-1と逆転勝利。2大会連続の決勝進出を決めた。ただし、S・ラモスとカルバハルは同試合でプレーせず。S・ラモスはふくらはぎに軽い負傷を抱えていたために欠場、カルバハルは決勝を見据えて出場を回避していた。

 その後の経過が心配されたS・ラモスだが、同紙によると、同選手は準決勝翌日に行われた全体練習に参加。カルバハルも、同じく準決勝で出番のなかったドイツ代表MFトニ・クロースらと共に元気な姿を見せたという。グレミオ(ブラジル)との決勝では、両選手ともに先発出場が濃厚とされている。

 S・ラモスとカルバハルは、レアル・マドリードが出場したカップ戦の決勝に最近11試合連続で出場中。バルセロナと対戦した2014年4月のコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝から、同じくバルセロナと対戦した今年8月のスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)のセカンドレグに至るまで、“タイトルマッチ”には必ず出場してきたという。これは現在チームに在籍するメンバーの中で最長記録になるそうだ。

 シーズン6冠となる“セクステーテ”を目指すレアル・マドリードにとって、いずれも不可欠な戦力であるS・ラモスとカルバハル。果たして12試合連続でファイナルの舞台に立ち、大会2連覇を達成することはできるのか。試合当日のメンバー発表に要注目だ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る