2017.11.25

バレンシアMFコンドグビアが復調の要因を語る「良いグループがある」

コンドグビア
レンタル先のバレンシアで本来のプレーを取り戻したコンドグビア [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今シーズン、インテルからバレンシアにレンタル移籍で加入したフランス代表MFジョフレイ・コンドグビアが自身の復調の要因を語った。スペイン紙『El Desmarque』が23日付で報じている。

 インテルで定位置を確保できず、今夏バレンシアへレンタル移籍で加入することとなったコンドグビアだが、その際には移籍を成立させるためにトレーニングを無断欠席するなど“強硬手段”に出ていたが、最終的に買い取りオプション付きの1年契約で同選手の移籍は成立することとなった。

 その行動は大きな波紋を呼んでいたが、加入先のバレンシアでは本来の実力を発揮し、ここまでリーガ・エスパニョーラ10試合に出場、3ゴールを記録。バルセロナに次ぐ2位に付け、好調を維持するチームに欠かせない戦力となっている。

 同メディアのインタビューに応えたコンドグビアは「復調の鍵はチームにあると思う。僕は今、自分自身に自信を持つことができているよ。それはここに良いグループがあるおかげだね。僕たちは皆、お互いを助け合っている。小さなことだが、このおかげで僕は3ゴールを上げることができたと思っているよ」と、復調の要因を語った。

 さらに「今がキャリアの最高の時期か? それに答えることは難しいよ。幾つかの分野で言えばそうだろうけどね。プレーの面では最善を尽くすことができている。内容を考慮せずに記録だけを見るなら『はい』と答えるだろう」と、自身に改善の余地があるとした。

 バレンシアは、今シーズンのコンドグビアの活躍を考慮し、買い取りオプションの行使を検討しているという。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る