2017.10.24

ベティスがライバルのセビージャをついに上回る…降格も経験し、実に729日ぶり

ベティス
リーグ戦7位につけているベティス [写真]=Julio Munoz - EFE
スペイン最古の歴史を持つスポーツ新聞。FCバルセロナを中心とした現地直輸入ニュースを毎日配信!

 リーガ・エスパニョーラ第8節、デポルティーボに2-0で勝利したベティスは7位に浮上した。一方、永遠のライバルであるセビージャは、アウェイでバレンシアに0-4で破れ8位に後退している。ベティスがセビージャよりも上の順位に立つのは、実に729日ぶりだ。

 現在、リーガでは両チームともに5勝1分1敗の勝ち点16で並んでいるが、キケ・セティエン監督率いるベティスは、エドゥアルド・ベリッソ監督のセビージャを得失点差で1点上回っている。

 今から2年前の2015-16シーズンのリーガ第9節終了時点では、勝ち点11のベティスが勝ち点9のセビージャをリードしていた。だが、翌週ベティスがグラナダ戦を1-1で引き分け、セビージャが5-0でヘタフェに勝利したため順位は逆転している。

 過去10年間でベティスがセビージャとの直接対決で勝利を収めたのは、12-13シーズンの1度だけである。この時ベティスは、勝ち点56の7位で9位セビージャの勝ち点を6上回った。翌シーズン、両チームはヨーロッパリーグ(EL)に出場し、ベスト16で直接対決することに。なお、その試合を制したセビージャがそのまま大会王者に輝いている。

 また、セビージャがELを制した13-14シーズンは、両チームの間に大きな差が生じた。勝ち点63の5位とリーグでも好成績を残したセビージャとは対照的に、ベティスは勝ち点わずか25でリーグ最下位に沈み、セグンダ・ディビシオン(2部リーグ相当)へと降格している。

 次の直接対決は来年1月7日、セビージャのホームで開催予定。レアル・マドリード対バルセロナ以外のライバル対決も要注目だ。

(記事提供:ムンドデポルティーボ日本語版

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る