2017.10.20

乾は“絶不調”エイバルの救世主になれるか “外弁慶”レアルの本拠に乗り込む

[写真]=ムツ カワモリ
世界最高峰のスペインサッカーリーグ。17−18シーズンもレアル、バルサ、アトレティコによる3強+乾貴士が所属するエイバル戦を中心に毎節最大5試合を生中継!

 日本代表FW乾貴士が所属するエイバルは、22日に行われるリーガ・エスパニョーラ第9節でレアル・マドリードと敵地で対戦する。

 エイバルにとっては第5節バルセロナ戦(1-6)以来となる大一番だが、彼らは今、大スランプに陥っている。開幕8試合を終えて、2勝1分5敗。降格圏と1ポイント差の勝ち点7で、16位に沈んでいる。さらに3得点は、開幕5戦連続無得点を記録したアラベスと並ぶリーグワーストタイ。17失点も、ラス・パルマス、マラガに次ぐワースト2位タイと、攻守において歯車がかみ合っていない。

 2014-15シーズンにリーガ1部初参戦を果たしたクラブは、過去3シーズンで18位、14位、10位と上昇カーブを描いてきた。その実績が評価されて、スペイン紙『マルカ』が開幕前に行ったアンケートでは“ヨーロッパリーグ出場圏を狙えるチーム”の候補入り。1桁順位や欧州カップ戦出場権獲得は、手の届かない目標ではなかった。しかし、いざ蓋を開けてみると、チームは勝ち星を挙げられず、1部でのクラブ史上ワーストの序盤戦となっている。

 躓いた原因はいくつかある。地元紙で挙げられているのは、「補強の失敗」、「ケガ人続出」、「主力の不調」、「一本調子なプレースタイル」など。指導者キャリア20年以上を誇るホセ・ルイス・メンディリバル監督も手をこまねいているわけではなく、前節デポルティーボ戦では5バックを導入し、守備のテコ入れを図った。結果はスコアレスドローと一定の成果を出したが、ケガから復帰したばかりのDFリーダー、イバン・ラミスが再び負傷。約2カ月の離脱が決定するなど、運にも見放されている状況だ。

 そのデポルティーボ戦で、乾は代表戦の長旅を考慮されて招集外に。開幕からのスタメン出場は7試合でストップした。レアル・マドリード戦では先発復帰が濃厚だが、出場すればサンティアゴ・ベルナベウで初めてプレーすることになる。初の舞台で、苦境にあえぐチームを救うことができるのか。乾には、まさに救世主たる活躍が求められている。

 対するレアル・マドリードも、シーズン開幕前の“1強予想”を裏切るスタートとなった。前節ヘタフェ戦(2-1)に勝利して、今シーズン初の3連勝をマーク。アトレティコ・マドリード戦でドロー(1-1)に終わった首位バルセロナとの勝ち点差を「5」に縮め、3位まで順位を挙げたが、まだまだ本調子とは言い難い。

 とりわけホームでの取りこぼしが目立ち、17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節トッテナム戦でもドロー(1-1)。今シーズンここまでの公式戦、ホームでは7試合で3勝(3分1敗)、対するアウェイでは6戦全勝と、想定外の“外弁慶”ぶりにジネディーヌ・ジダン監督も頭を抱えている。さらにチームは、昨シーズン同時期に比べて得点数が「-14」と、決定力不足にも悩まされており、絶不調のエイバルにも付け入る隙は十分にある。

 なお、エイバルは昨年10月に行われたサンティアゴ・ベルナベウでの前回対戦(1-1)で、レアル・マドリード相手に初ゴールをマーク。さらに、バルセロナとアトレティコ・マドリードを含めた3強相手に、リーガ1部では初めてとなる勝ち点を挙げた。

 エイバルが波乱再現で浮上のキッカケを掴むのか。それとも、逆転でのリーグ連覇を狙うレアル・マドリードが王者の貫録を見せつけるのか。少なくとも、予定調和の幕引きとはならなそうだ。

記事/Footmedia

リーガ・エスパニョーラ見るならWOWOW

スペシャルサイトへ

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る