2017.10.19

“効率性と選手移籍”…ホームで不調のレアル、地元紙が要因分析

C・ロナウド、モラタ
ホームで不振のレアル、モラタ(右)の放出も要因の一つ? [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 今シーズンのレアル・マドリードは、本拠地であるサンティアゴ・ベルナベウで苦しんでいる。公式戦7試合を終えて3勝3分け1敗と例年よりも勝利数が伸びず、1998-99シーズン以来19シーズンぶりの低水準となっている。不調の要因について、18日付のスペイン紙『アス』が分析を行っている。

 同紙が最初に挙げたのは「効率性」の悪さ。ホームでの公式戦7試合で記録した11ゴールに要したシュートの総数は150本で、1ゴールあたり約13本という計算になる。昨シーズンの同時期よりも5本増えており、効率性の低下が顕著な状況となっている。

 特に深刻とされているのが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとフランス人FWカリム・ベンゼマだ。C・ロナウドはサンティアゴ・ベルナベウで1ゴールを記録するために、アウェイゲームの2倍以上となる約11本のシュートを要している。ベンゼマに至っては、16本のシュートが必要な計算となっている。

 効率性の一方で、『アス』が挙げた一つの不調要因は、スペイン代表FWアルバロ・モラタの放出だった。今夏の移籍市場でチェルシーに加入した同選手は、途中出場が多かった昨シーズン、最初のホームゲーム7試合で4ゴールを記録。うち3ゴールは試合終盤に決めたもので、チャンピオンズリーグのスポルティング・リスボン戦や、リーガ・エスパニョーラのアスレティック・ビルバオ戦では決勝ゴールを記録する働きを見せていた。

 ホームでのシュート精度が上がらず、“救世主”も不在のレアル・マドリード。次の公式戦は22日、日本代表MF乾貴士が所属するエイバルをホームに迎える。昨シーズンはサンティアゴ・ベルナベウで引き分けに終わった相手だが、チーム状態の好転を示す“内容の伴った”勝利を収めることができるのだろうか。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る