FOLLOW US

CKから4ゴールを決めているバルサ…得点の秘密は蹴り方にあった?

CKからの得点が多いバルセロナ [写真]=Manel Montilla

 リーガ・エスパニョーラ第7節ラス・パルマス戦、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケツがヘディングで放ったシュートは、今シーズンのバルセロナがCKから決めた4ゴール目になった。

 これは昨シーズン、ルイス・エンリケ率いるチームが公式戦59試合で決めたCKからの得点と同じ数字である。2016-17シーズンに蹴ったCKは409回のうち、ネットを揺らしたのは4ゴールだけだった。

 今シーズンはここまで78回のCKを蹴り、3ゴール決めている。残りの1つはジローナのスペイン人MFアダイ・ベニテスによるオウンゴールだ。  

 指揮官がエルネスト・バルベルデ監督に代わってからは、このCKも重要な得点源になっている。このセットプレーのチャンスを最大限に活かせるようになった理由はなんだろうか? そのヒントは、その4ゴールすべてが、ゴールに向かう軌道で蹴られたキックから生まれたことにある。

 4ゴールのうち、左コーナーから蹴ったのはクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチとスペイン代表MFデニス・スアレス。右コーナーはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2回蹴っている。ボールがゴールに向かって飛んでいれば、それにあわせるシュートも同じ方向を狙えばいい。物理学を理解していなくても分かることだ。ブスケツはボールの軌道を少し変えただけである。

 これが一番効果的であることを理解していたバルベルデ監督は、アスレティック・ビルバオ監督時代にもこの蹴り方を徹底させている。そして今、この“ルール”がバルセロナの本拠地カンプ・ノウに引き継がれたというわけだ。

(記事提供:ムンドデポルティーボ日本語版

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA