2017.09.24

アトレティコ主将ガビ、400試合出場達成…現役選手で4人目の快挙

ガビ
リーガ通算400試合出場を達成したガビ [写真]=Power Sport Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードのスペイン人MFガビがリーガ・エスパニョーラ通算400試合出場を達成した。クラブ公式サイトが23日に伝えている。

 ガビは同日行われたリーグ戦第6節セビージャ戦にフル出場し、400試合出場を達成。チームはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンらのゴールで勝利し、記録達成に花を添えている。スペイン紙『マルカ』によればリーガ・エスパニョーラで400試合以上に出場している現役選手は元スペイン代表MFホアキン・サンチェス(ベティス、458試合)、同代表MFアンドレス・イニエスタ(バルセロナ、418試合)、同代表DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード、408試合)の3人で、ガビは4人目の選手となった。

 アトレティコ・マドリード公式サイトは試合後のガビのコメントを紹介。「とても幸せに思っているけど、こういった記録はキャリアを終えた時に評価できるものだと思う。僕は考えているのはこれからも多くの試合に出ること、そしてチームを助けることだけだ」とコメントしている。

 アトレティコ・マドリード下部組織出身のガビは現在34歳。2003-04シーズンに1部デビューを飾り、翌シーズンはヘタフェにレンタル移籍をして修行を積んだ。07-08シーズンには活躍の場をレアル・サラゴサに移したが、降格の憂き目に合う。しかし1年で1部に復帰すると、主将としてチームを引っ張った。11-12シーズンにアトレティコ・マドリードに復帰。以降キャプテンとして中盤に君臨し、リーグ制覇や2度のチャンピオンズリーグ決勝進出などに貢献した。また年代別代表の経験はあるが、スペイン代表としてのプレー経験はない。400試合の内訳は2度のアトレティコ・マドリード時代で計268試合、ヘタフェで32試合、レアル・サラゴサで100試合だった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る