2017.09.11

スアレスが“相棒”メッシの残留を強調「彼はどこにも行かない」

スアレス
スアレス(右)が“相棒”メッシ(左)の残留を強調した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがチームメイトであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのクラブ残留を強調した。9日に行われたリーガ・エスパニョーラ第3節の対エスパニョール戦後の会見でコメントした。

 この試合で3得点を記録し、自身通算38回目となるハットトリックでチームを勝利に導いたメッシ。自身も終了間際に1ゴールを決めたスアレスが“相棒”の退団報道に言及した。

 今夏、恩師であるジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮官を務めるマンチェスター・Cへの移籍が噂されたメッシだが、「メッシ?世界最高の選手と一緒にプレーできることは僕たちの特権だね。彼はまだしばらくの間ここでリオネル・メッシであり続けるよ。彼はどこにも行かない」と、報道を一蹴した。

 今夏、“MSN”の一角であったブラジル代表FWネイマールをパリ・サンジェルマンへと放出したバルセロナは、何としてでも“世界最高の選手”であるメッシの退団は阻止しなければならないだろう。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング