2017.08.17

K・P・ボアテングが涙のラス・パルマス退団「家族が恋しくて…」

K・P・ボアテング
ラス・パルマスを退団したボアテング [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ラス・パルマスは16日、元ガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングとの契約解除をクラブ公式サイトで発表した。

 ボアテングは2016年夏に1年契約でラス・パルマスに加入し、今年5月に2020年まで延長したばかりだった。クラブは、「撤回できない個人的な理由」により退団が決まり、今後は「家族に近い場所でキャリアを続けていく」と説明している。

 また、ボアテングは同日の内にミゲル・アンヘル・ラミレス会長とともに記者会見を実施し、涙ながらに退団理由を語った。

「今日はとても辛い日だ。みんながラス・パルマス退団の理由を聞いてくるが、これは個人的な理由で、家族が恋しいからだ。サッカー選手としての決断ではない。父親として、息子や妻と離れて暮らすことはとても辛い。家族を最優先に考えたいんだ」

K・P・ボアテング

今夏の休暇で家族と過ごすボアテング [写真]=GC Images

 そして、「今はこの決断によって僕を嫌う人もいるだろうけど、ファンからは愛情をもらった。素晴らしい1年間を過ごし、常にファンからの愛情を感じられたよ」とクラブとファンに感謝を示した。

 ラミレス会長は、「ボアテングはクラブの歴史で最も重要なプレイヤーだ。そして最も大切なことは彼がまたハッピーであること。彼は家族と一緒に居られるチームでプレーするだろう。また彼が黄色のユニフォームを着る姿を見られることを願うよ」とコメント。「ボアテングが退団しても、チーム再建のために欲しい選手は変わらない。移籍市場が閉じる前に新たなMFを獲得したい」と続けた。

 現在30歳のボアテングは、ヘルタ・ベルリンでプロデビューを果たすと、トッテナム、ドルトムント、ポーツマスと様々なクラブを渡り歩き、2010年にミランへ移籍。2012-13シーズンは背番号「10」を背負ってプレーした。その後、2013年にシャルケへ加入したが2年目には構想外となり、2016年1月にミランへ復帰。セリエAで11試合に出場したが、契約満了に伴いシーズン終了後に退団した。

 7クラブ目となったラス・パルマスでは、初挑戦のリーガ・エスパニョーラで28試合に出場し、チーム最多の10ゴールを記録していた。なお、ドイツ誌『kicker』によると、MF長谷部誠とMF鎌田大地の所属するフランクフルトが獲得に動いているという。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る