2017.05.14

レアルのDFラモス、CLで問題行為? C・ロナウドに悪質な指示を伝授か

セルヒオ・ラモス
レアル・マドリードでプレーするラモス [写真]=Pep Morata - Pep Morata
スペイン最古のスポーツ誌「ムンド・デポルティーボ」。FCバルセロナを中心とした現地直輸入ニュースを毎日20本以上配信!

 10日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝セカンドレグ、アトレティコ・マドリード対レアル・マドリードの試合において、レアル・マドリードのキャプテンであるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、アトレティコ・マドリードのキャプテンであるスペイン人MFガビを退場に追い込むため、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに悪質な指示を出していた。

 2日、CL準決勝ファーストレグ、レアル・マドリードのホームで行われたアトレティコ・マドリードとの一戦で、ラモスがアトレティコ・マドリードのU-21フランス代表DFリュカ・エルナンデスの後頭部に肘うちをした。このプレーによってラモスにカードが出ることはなかったが、議論の余地が残るプレーとなった。加えて同選手は、セカンドレグでもスポーツマンシップに反する行為をしたとされている。

 その行動を暴いたのはスペインのテレビ局『La Sexta』。同メディアは、ラモスがC・ロナウドに「『ガビから肘うちを受けた』と審判に嘘を言えば、ガビにレッドカードを与えて退場させることができる」と自分の考えを伝え、実行に移すように促していたことを指摘した。アトレティコ・マドリードのキャプテンであるガビが、イエローカードを受けた直後の出来事だったという。

 試合はアトレティコ・マドリードが2-1で勝利を飾ったが、2戦合計スコア4-2でレアル・マドリードが決勝進出を決めた。CL決勝は6月3日、ユヴェントスとの一戦がウェールズの首都カーディフで行われる。

(記事提供:ムンド・デポルティーボ日本語版

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る