FOLLOW US

S・ラモス、セットプレーで得点量産…元コーチが強さの秘密を明かす

セットプレーで無類の強さを見せるセルヒオ・ラモス [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードの元アシスタントコーチが、同クラブに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスのセットプレーでの攻撃参加における強さの秘密について明かした。大手メディア『ESPN』でのインタビュー内容を引用する形で、スペイン紙『アス』が報じている。

 S・ラモスは今シーズン、公式戦10ゴールを記録。ウェールズ代表FWギャレス・ベイルよりも多い、チームで4番目の得点数だ。特にセットプレーの強さは特筆すべきものがあり、ヘディングシュートで何度もゴールネットを揺らしてきた。

 セルヒオ・ラモスが2005年の夏にセビージャからレアル・マドリードに移籍した当時、ヴァンダレイ・ルシェンブルゴ監督の下でアシスタントコーチを務めていたパウロ・カンポス氏は、同選手のセットプレーの強さについて、不断の努力と類まれなるセンスがあったと明かしている。

「チームの練習が終わった後、セルヒオ・ラモスはグラウンドに残って、イケル・カシージャス、ロナウド、デイヴィッド・ベッカムらとFKやシュートの練習を行っていた。そうした居残り練習は、毎週少なくとも3回は行われていたし、1回あたり40分はやっていたね。彼はいつも一流選手から学ぼうとしていたんだ」

「彼は背がそれほど高くない。だが、ボールを捉えるタイミングが抜群で、とても賢いんだ。彼のジャンプ力は素晴らしい。ボールがどこに落ちてくるか、いつも把握している。『しかるべき時に、しかるべきポジションにいること』というフレーズがあるけれど、セルヒオの場合はそれに全く当てはまるわけではない。彼自身がボールを呼び込んでいるようだね」

 カンポス氏はそう語ったうえで、セットプレーでセルヒオ・ラモスを止める方法について、次のように持論を述べた。

「セットプレーで彼を止められるか? かなり難しいだろう。対戦相手の監督なら、まずマークすべきはセルヒオ・ラモスだと分かっているはずだ。クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、ペペなどセットプレーに強い選手は他にもいるが、ラモスはその象徴的存在だ。彼を密着マークする選手だけでなく、彼のところまでボールが届かないようにするための選手が必要になる。エリア内で自由な動きができないように対策を取っても、それはなかなか難しいことだ」

 なお、S・ラモスはレアル・マドリード加入後、ここまでリーグ戦通算49ゴールを記録。次の得点で50ゴールの大台に到達する。18日に行われるリーガ・エスパニョーラ第32節スポルティング・ヒホン戦、あるいは23日に行われるバルセロナとの“エル・クラシコ”で、再びセットプレーから得点を挙げることになるのか、注目が集まる。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO