2017.01.11

バレンシアのM・スアレス、ファンの批判に反応…チームの内情を吐露

マリオ・スアレス
バレンシアでプレーするマリオ・スアレス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バレンシア所属のスペイン代表MFマリオ・スアレスが自身の公式インスタグラムを更新し、意味深な発言をしたことが話題になっている。10日付けのスペイン紙『アス』などが報じた。

 リーグ戦1試合未消化ながら、降格圏と勝ち点1差の17位に低迷するバレンシア。10日のリーガ・エスパニョーラ第17節オサスナ戦でも、最下位相手に3度のリードを奪いながら、3-3のドローに終わった。

 その試合で、M・スアレスは本職とは異なるセンターバックでプレー。アルゼンチン代表DFエセキエル・ガライが負傷中、また、チュニジア代表DFアイメン・アブデヌールはアフリカ・ネーションズカップ2017出場のためチームを離脱中であり、暫定的にチームの指揮を執るサルバドール・ゴンサーレス・マルコ氏(通称ボロ氏)は苦肉の策として同選手をセンターバックで起用したのだ。

 しかし、慣れないポジションでプレーしたM・スアレスは、自身のミスから失点に関与。すると、あるファンから「これ以上センターバックでプレーしないで欲しい」とインスタグラムのコメント欄に書き込まれた。それに対して、同選手は「僕が再びセンターバックでプレーしなければならないなら、それは他の選手が“やりたがらない”からだ」と返信。チームの中にセンターバックでのプレーを拒否した選手がいたことを示唆するようなコメントを残した。

 さらにM・スアレスは、「これまでセンターバックでプレーしたことはないが、僕はそこでプレーするよ。恐怖や不安は全くない。状況は変っていくだろうし、見えるもの全てが物事の現実であるとは限らないんだ」とコメント。批判を受け入れながらも、センターバックでのプレーを今後も受け入れる意思を明らかにした。

 バレンシアは、12日に行われるコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)5回戦セカンドレグでセルタと対戦。その3日後には、リーグ第18節エスパニョール戦が控えている。果たして、M・スアレスは引き続きセンターバックでプレーするのか、その動向が注目される。

(記事/Footmedia)

欧州順位ランキング

チェルシー
78pt
トッテナム
74pt
リヴァプール
66pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
73pt
ライプツィヒ
63pt
ドルトムント
57pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
81pt
レアル・マドリード
81pt
アトレティコ・マドリード
71pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ローマ
75pt
ナポリ
71pt
欧州順位をもっと見る