2017.01.10

“PK職人”のバレンシア守護神、ブラジル代表復帰を熱望「ベンチでも問題ない」

ジエゴ・アウヴェス
ブラジル代表復帰への思いを語ったジエゴ・アウヴェス [写真]=NurPhoto via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 バレンシアに所属するブラジル代表GKジエゴ・アウヴェスが、ブラジル紙『ランセ』のインタビューに応じ、昨年6月にチッチ監督が就任してから遠ざかっている“セレソン”復帰への思いを明かした。8日付の同紙が伝えている。

“PK職人”として知られるD・アウヴェスは、今シーズンもすでに4本のPKを阻止。自身の持つリーガ・エスパニョーラの最多阻止記録を20回へ伸ばしている。バレンシアは第17節終了時点で降格圏と1ポイント差の17位に沈んでいるが、同選手は守護神として安定したプレーを披露している。今回のインタビューにおいても、「自分の仕事はできていると思う」と語るなど、自身のパフォーマンスに関しては手応えを得ているようだ。

 一方でD・アウヴェスは、昨年6月にチッチ氏が指揮官に就任してから、ブラジル代表への招集から遠ざかっている。それでも同選手は「セレソンに選ばれることは全ての選手の目標だ。僕はこれまでに良い実績を積んできたし、チッチ監督も僕のことをアトレチコ・ミネイロ時代から知っている。選んでくれることを期待しているよ」とコメントし、ブラジル時代に指導を受けた恩師が率いる“セレソン”への復帰に自信をのぞかせた。

 また、チッチ体制下で正守護神を務めているローマ所属のブラジル代表GKアリソンに関しては、「昨年のコパ・アメリカで一緒にトレーニングする機会があったが、非常に高いポテンシャルを持った選手だと思った」と語り、その才能を評価。さらに「セレソンのベンチに座ることは、僕にとって全く問題ではない。セレソンで競争できることは素晴らしいことだよ」と続けている。

(記事/Footmedia)

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る