2016.12.22

C・ロナ、ブラジルでも2016年ベストプレーヤーに…ネイマールら抑える

C・ロナウド
18日の鹿島アントラーズ戦で得点を決めたC・ロナウド [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、ブラジルリーグでプレーする選手たちの投票によって2016年のベストプレーヤーに選ばれた。ブラジルメディア『UOL』が行ったアンケートの結果をスペイン紙『アス』が伝えている。

 このアンケートは、ブラジル1部リーグでプレーする118選手によって行われた。ブラジル国内で実施されたアンケートであるため、8月に行われたリオデジャネイロ・オリンピックでブラジル代表主将として同国を史上初の金メダルに導いたバルセロナFWネイマールに票が集まることが予想されていた。しかし、最多得票を集めたのは、チャンピオンズリーグとユーロ2016で優勝し、クラブと代表で2冠を達成したC・ロナウドだった。

 C・ロナウドは全体の56.77パーセントの票を獲得し、過半数の支持を集めた。2位で続いたのはバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。同選手は31.35パーセントの得票率を獲得した。一方、トップでの選出が期待されたネイマールは8.47パーセントの支持を集めるにとどまり、3位という結果に。ここでも、C・ロナウドとメッシという2大スーパースターの高い壁を乗り越えることはできなかった。

 なお、アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル、バイエルンに所属する元スペイン代表MFシャビ・アロンソ、レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイル、アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの4選手が、得票率0.84パーセントで同率4位だった。

 C・ロナウドは12日、フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が主催する2016年のバロンドール(年間世界最優秀選手賞)を受賞。今回のアンケートは、その選考結果が妥当なものであったことを証明する形となった。2017年1月9日には、FIFA(国際サッカー連盟)による年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2016」が開催されるが、C・ロナウドのタイトル独占は続くのだろうか。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る