FOLLOW US

バルサ、“鬼門”アノエタでまたも勝てず…クラシコ前に痛恨のドロー

メッシのゴールで追い付いたバルセロナだが、逆転には至らずドローに終わった [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第13節が27日に行われ、レアル・ソシエダバルセロナが対戦した。

 5位レアル・ソシエダが2位バルセロナをホームに迎えての一戦。バルセロナは敵地アノエタでの直近6試合で1分け5敗と、大の苦手としている。だが、前節終了時点で4ポイント差だった首位レアル・マドリードが今節すでに白星を手にしており、さらに次節はそのレアル・マドリードとの“クラシコ”を控えているだけに、この試合はなんとしても勝利がほしいところだ。先発にはFWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレス、FWネイマールらが起用された。

 序盤から試合を優位に進めるレアル・ソシエダは18分、ユーリ・ベルチチェがペナルティエリア内左でDFをかわしてクロスを供給。ファーサイドに走り込んだシャビ・プリエトがヘディングで合わせたが、シュートは枠の左へ外れた。

 さらに直後の19分、スルーパスでディフェンスラインの裏に抜け出したカルロス・ベラが左足でゴールを狙ったが、ここはわずかに右へ逸れた。

 その後もレアル・ソシエダが主導権を握り続けたものの、ゴールを奪うには至らず、前半はスコアレスで折り返す。

 バルセロナはハーフタイムにイヴァン・ラキティッチを下げ、デニス・スアレスを後半のピッチへ送り出した。

 51分、バルセロナはエリア手前左でスアレスがファウルを受けてFKを獲得。ネイマールが右足で狙うと、シュートは枠の左を捉えたが、ここはGKに阻まれた。

 するとピンチを凌いだレアル・ソシエダが53分に試合を動かす。自陣からのロングパスでベラがエリア内中央に抜け出し、右足でシュート。ここはGKにブロックされたが、こぼれ球をウィリアン・ジョゼがヘディングで狙うと、ゴール前のカバーに戻ったDFジェラール・ピケがクリアしきれず、ボールはネットを揺らした。

 先制を許したバルセロナは59分、ネイマールが左サイドをドリブルで突破し、マイナス方向に折り返す。これをエリア内中央で受けたメッシがワントラップから左足一閃。このシュートがゴール右下に突き刺さり、試合はすぐに振り出しに戻った。

 レアル・ソシエダは76分、エリア手前左でパスを受けたベラが左足でミドルシュートを放ったが、惜しくもクロスバーを直撃。さらにこぼれ球をフアンミが押し込んだが、オフサイドの判定で得点は認められなかった。

 一方のバルセロナは81分、スルーパスで抜け出したD・スアレスがGKをかわして、やや角度のないところからシュートを放ったが、カバーに戻ったDFにブロックされてしまう。

 終盤に差し掛かった83分、レアル・ソシエダは再びベラがミドルレンジから左足で狙ったが、今度は左ポストに阻まれ、勝ち越しゴールとはならなかった。

 結局このまま決勝ゴールは生まれず、試合は1-1のままタイムアップ。バルセロナは、またも敵地アノエタで白星を挙げることはできず、レアル・マドリードとの直接対決を前に痛恨のドローとなった。

 次節、レアル・ソシエダは12月5日に敵地でデポルティーボと、バルセロナは同3日にホームでレアル・マドリードと対戦する。

【スコア】
レアル・ソシエダ 1-1 バルセロナ

【得点者】
1-0 53分 ウィリアン・ジョゼ(レアル・ソシエダ
1-1 59分 リオネル・メッシ(バルセロナ

クラシコ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO