2016.07.27

バルサ、マスチェラーノと2019年までの契約延長を発表…クラブ幹部明かす

マスチェラーノ
バルセロナと契約延長で合意したマスチェラーノ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは27日、アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノと契約延長で合意に至ったことをクラブ公式サイトで発表した。プロスポーツ部門のディレクターを務めるアルベルト・ソレル氏が明かしている。

 マスチェラーノは、2017-18シーズン末までだった契約を2019年6月30日まで延長することで合意したという。バルセロナは同日に、バレンシアから移籍したポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスの入団記者会見を行っていたが、その中でソレル氏がマスチェラーノとの契約延長を認めている。

 1984年生まれで現在32歳の同選手は、2010年夏にリヴァプールからバルセロナに移籍した。2015-16シーズンはリーガ・エスパニョーラ32試合に出場し、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)との二冠獲得に貢献。これまでクラブで通算282試合に出場し、16のタイトル獲得を経験している。今夏は、ユヴェントスへ移籍する可能性を報じられていたが、バルセロナ残留が決まった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る