2015.12.10

チームを救ったシュテーゲンを指揮官が称賛「スペクタクルなプレー」

テア・シュテーゲン
レヴァークーゼン戦に出場したGKテア・シュテーゲン [写真]=Bongarts/Getty Images
世界最高峰の「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」を2018−19シーズンも毎節最大5試合生中継!

 9日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ最終節、既に首位での決勝トーナメント進出を決めていたバルセロナは、アウェーでレヴァークーゼンと1-1で引き分けた。

 この試合、FWリオネル・メッシ、MFイヴァン・ラキティッチ、DFジョルディ・アルバを除き、準レギュラーおよびカンテラ(下部組織)所属選手を含めた若手を中心とするメンバーを組みながら、勝ち点1を獲得したバルセロナ。試合後の会見に臨んだルイス・エンリケ監督は、ほぼ予定通りの戦いが見せられたグループステージに満足感を表した。

「今日は普段出場機会の少ない選手にプレー時間を与える良いチャンスだった。ここ最近のバルサは見せられなかったけれども、チームは戦う姿勢をしっかりと披露してくれた。我々はグループステージの全試合に真剣に取り組み、首位での決勝トーナメント進出という目標を果たした」

 エンリケ監督は一方、レバークーゼンから浴びせられたシュートをことごとく止め、チームを敗戦から救ったドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンを称賛した。

「シュテーゲンはスペクタクルなプレーを見せてくれた。レバークーゼンの攻撃により危険に晒されても、安心感を全く失わなかった。アウェーでもそういったパフォーマンスが見せられたのは価値が高い。彼にとってこの試合は、底力を高める良い機会となったことだろう」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング