FOLLOW US

バルサ主将イニエスタ、ハロウィン騒動を謝罪「僕らは過ちを犯した」

ハロウィン騒動について謝罪したイニエスタ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、10月31日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節のヘタフェ戦終了後に一部選手たちがハロウィンの仮装をして騒動を起こした件について謝罪した。スペイン紙『マルカ』が5日に伝えている。

 バルセロナの主将であるイニエスタは、スペイン中部のラ・マンチャに所有するワイナリーで行われたイベントに登場。チームメイトが起こした一連の騒動について「ヘタフェで起こったことについて、彼らに謝らねばならないと思っている。事実を知るまではそうするべきではなかった。僕らはチームメイトのインタビューを邪魔するような愚か者ではないからね。僕たちがチームとして犯したことは間違いだった。全てを理解し、その上で僕たちは彼らに謝罪したいと思う」と、チームメイトを代表して謝罪の意を示した。

 ヘタフェを2-0で下したバルセロナの選手たちは試合後、ハロウィンの仮装をして勝利を祝っていた。そして、会見室へ通じる廊下で大騒ぎをしながらヘタフェのスペイン人MFビクトル・ロドリゲスが会見を行っている部屋に乱入。会見は一時中断し、ロドリゲスは「完全に敬意を欠いている。僕は正しいことだとは思わないね。誰もが自分自身の行動に責任を持たなければならない」と苦言を呈していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO