FOLLOW US

中盤の補強目指すバルサ、ドルトムントの20歳MFヴァイグル獲得へ

ドルトムントでプレーするヴァイグル [写真]=Getty Images

 バルセロナは日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのU-20ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルの獲得を目指しているようだ。2日付のスペイン紙『スポルト』が報じている。

 同紙によるとバルセロナは来年1月の移籍市場で、体格的に優れたミッドフィルダーの獲得を望んでいる模様。そこで候補に挙がったのが、ドルトムントでの成長が著しいヴァイグルのようだ。すでにバルセロナのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるアリエド・ブライダ氏が同選手の視察に訪れるなど、補強に向けた動きを進めている。また、バイエルンも同選手を補強リストに加えており、今後は争奪戦が予想される。

 現在20歳のヴァイグルは、1860ミュンヘンの下部組織出身。2014年2月にトップチームデビューを果たすと、今年6月ドルトムントに移籍した。今シーズンはここまで、ブンデスリーガやヨーロッパリーグなど公式戦全試合に出場している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO