FOLLOW US

復帰戦で芸術アシスト…バルサのS・ロベルト「瞬時の判断だった」

ヘタフェ戦に出場したバルサのセルジ・ロベルト [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 10月31日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節、アウェーでヘタフェと対戦したバルセロナは、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスおよびブラジル代表FWネイマールのゴールにより2-0で勝利を収めた。

 負傷により離脱している大黒柱のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの不在を埋めているスアレスとネイマールが、この日も決定力を見せ付けたバルセロナ。両選手にアシストを送ったスペイン代表MFセルジ・ロベルトが、試合後のインタビューでチームのパフォーマンスに満足感を表した。

「チームはとても良いプレーをした。キックオフからタイムアップまで厳しい姿勢を貫き、ボールを支配した。とりわけ後半は完全に試合を支配した。今シーズンから新指揮官が率いているヘタフェは難しい相手だと思っていたが、試合を通じて彼らを自由にプレーさせなかった」

 S・ロベルトはまた、左足内転筋の故障からの復帰戦で好プレーができたことを素直に喜んだ。

「故障から回復した直後の試合でしっかりとプレーができ、とても満足している。今日は試合のリズムを取り戻すことが課題だったが、フィジカル的に問題なかったし、違和感なくプレーできた。これは今後に向けた自信になるね」

 先制点の場面では、ネイマールの左からの浮き球をゴールに背を向けながらヒールキックで落とし、スアレスのゴールをアシストしたS・ロベルト。芸術的なプレーをこう振り返っている。

「あれは考えていたプレーではなく、瞬時の判断だった。ネイマールからボールが来るのとスアレスがゴールに向かって動くのが見え、真っ先に思い付いたプレーだったけれども、上手く行ってくれたね」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO