2015.11.01

ゴール奪取に集中のバルサFWスアレス「ドリブルはネイマールの仕事」

スアレス
ヘタフェ戦で先制点を決めたバルサFWスアレス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは、10月31日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節でヘタフェと対戦し、2-0で勝利を収めた。先制点を決めたウルグアイ代表ルイス・スアレスが試合後にコメントした。スペイン紙『マルカ』が同日に伝えた。

 試合は37分、スペイン代表MFセルジ・ロベルトのヒールパスでエリア内深い位置に抜け出したスアレスがゴール左に流し込み先制。後半58分に、S・ロベルトのクロスから、ブラジル代表FWネイマールがダイレクトボレーを決めて追加点を奪った。75分には、ネイマールが個人技でDFをかわして浮き球のラストパス。しかし、抜け出したスペイン代表DFジョルディ・アルバのシュートは好セーブに阻まれ、3点目とはならなかった。結局、バルセロナは2-0の勝利を収めて、リーグ戦3連勝となった。

 スアレスは試合後、「ボールを支配し、スペースを活用し、僕らはスマートにプレーできた」と振り返ると、S・ロベルトのアシストついては、「セルジのパスはゴールと同じぐらい素晴らしいものだったよ。常にチームメイトを信頼して、準備していないといけないね」と称賛した。

 また、個人技で観客を沸かせたネイマールについては、「みんなはそれぞれの役割を知っている。僕は3人や4人を抜くようなドリブルをしない。それはネイマールの仕事だよ」とコメントし、ストライカーとして自身の役割に集中すると主張。最後に、負傷離脱中のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについては、「みんなはいつもレオのことを想っている。なぜなら彼は世界最高の選手だからね」と語った。

 バルセロナは、4日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節でBATEボリソフと対戦。8日にリーガ第11節でビジャレアルをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
エヴァートン
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る