FOLLOW US

バルサでまたも脱税容疑…メッシらに続きDFアドリアーノも摘発か

9月20日のレバンテ戦でプレーしたアドリアーノ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属する元ブラジル代表DFアドリアーノ・コレイアが、脱税容疑のためスペイン当局により法的手続きをとられたと、スペイン紙『マルカ』が13日に報じている。

 同紙によると、アドリアーノは未払いの税金額が100万ユーロ(約1億3500万円)に達する模様。同選手は収入をスペインで申告せず、税金を納めていなかったようだ。事態を重く見た同国の税務当局は、アドリアーノに対して法的手続きを開始したという。

 アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノや、同代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表FWネイマールにも同様の疑惑が浮上しており、バルセロナ所属選手に脱税容疑が相次いでいる。

 現在30歳のアドリアーノは、セビージャで6シーズンを過ごした後、2010年7月にバルセロナに4年契約で移籍。今シーズンはここまで公式戦3試合の出場にとどまっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA