2015.09.28

C・ロナ、開幕6戦のゴール数は昨季の半分…直近5年で最悪のスタート

C・ロナウド
マラガ戦で不発に終わったC・ロナウド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、リーガ・エスパニョーラで2010-11シーズン以来、最悪のスタートを切った。スペイン紙『アス』が伝えている。

 第6節のマラガ戦でシュート14本を打ちながらも無得点に終わったC・ロナウドは、第3節のエスパニョール戦で1試合5ゴールを決めてから得点がない。これは直近の5シーズンでもっとも低調なスタートだという。

 今シーズン、C・ロナウドは第6節終了時点で5得点。同選手にとってはレアル・マドリード入団以来2番目に悪い数字となる。昨シーズンは第6節終了時点で10ゴールを決めていた。

 なお、C・ロナウドにとって最も悪いスタートを切ったのは2010-11シーズンで、開幕からの6試合で3ゴールしか奪えなかった。そのシーズンは第4節のエスパニョール戦までゴールを決めることができず、第6節のデポルティーボ戦で2ゴールを奪っている。開幕から6試合で5ゴールはC・ロナウドがレアル・マドリードに入団した2009年と同じ記録だ。

 C・ロナウドはこれまでにレアル・マドリードの選手として322ゴールを決めており、クラブ歴代得点王のラウール・ゴンザレスの323得点まであと1得点と迫っている。しかし、あと1点をなかなか更新することができない。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る