FOLLOW US

ファン・デル・ファールト、スペインで現役引退を希望「祖父の元で」

ハンブルガーSV退団が濃厚なファン・デル・ファールト [写真]=Bongarts/Getty Images

 ハンブルガーSVに所属する元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールトが、晩年のキャリアの希望について語った。6日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 現在32歳のファン・デル・ファールトは、今シーズン限りでハンブルガーSVとの契約を満了し、クラブを退団することが決定的となっている。

 同選手は、オランダ・メディア『The Post Online Magazine』のインタビューに応え、「おじいちゃんに、もし機会があったらカディスの彼のそばでキャリアを終えたいよと言ったんだ」とコメントし、現在スペイン・セグンダ・ディビシオンB(3部)に所属するカディスでキャリアを終えたいという意向を明かした。

 ファン・デル・ファールトの母はスペイン人で、カディス近郊の町・チクラーナ・デ・ラ・フロンテーラ出身である。そのため、ファン・デル・ファールトは幼少期に多くの夏をカディスに住む祖父と過ごし、祖父とカディスでプレーすることを約束していたという。

 契約満了によりフリー移籍となるファン・デル・ファールトには、多くのクラブが興味を示しているが、本人のプランはアメリカのMLS(メジャー・リーグ・サッカー)で数シーズンプレーした後に、カディスで現役を引退するというものだと伝えられている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA