2015.04.06

セビージャのレジェスが自撮りで炎上…投稿写真で交通違反が判明

レジェス
自慢の愛車を投稿したレジェスだったが… [写真]=Getty Images

 スマートフォンの普及によって、サッカー界でも流行っている「セルフィー(自撮り)」。もっとも、その使い方を誤ると、思わぬトラブルに巻き込まれることがある。セビージャの元スペイン代表MFホセ・アントニオ・レジェスも、自らの不注意が原因で痛い目にあった1人だ。4日付のスペイン紙『エル・ペリオディコ』が伝えている。

 レジェスは先月下旬から、インスタグラムを開始した。そして先週土曜日、試合前に宿泊するホテルに向かって、愛車のランボルギーニを運転しているところを自撮りし、その写真をアップ。そこには、キャップ帽を逆向きにかぶり、サングラスをかけて車を運転するレジェスの姿があった。

 男前に写ったその姿に、ファンからは好意的なコメントが次々に届く。だが程なくして、一部のファンは大事なことに気づいてしまった。そう、レジェスはシートベルトをしていなかったのだ。

 サッカー選手といえども、交通違反は許されない。さらに突っ込めば、運転中の携帯電話の使用は、日本同様、スペインでも禁止されている。

 それから、「自覚がない」や「無知」といった非難の声が挙がったのは言うまでもない。だがこの騒ぎに、スペイン国家警察も黙っていなかった。公式ツイッターには、次のような警告文がアップされたのだ。

「MF(レジェス)へ、携帯電話を置きなさい。ハンズフリー・マイクロフォンを使い、画面を見るのは忘れなさい。SNS、写真、セルフィー、どれも駄目です。運転に集中しなさい!」

 スペインは現在、イースター(感謝祭)の真っ只中。日本のゴールデンウィークに当たるこの時期は、1年のなかでも特に交通事故が発生しやすい。そのため、警察としても、レジェスの行為を簡単に見逃すことはできなかったようだ。

 幸い、現行犯ではなかったため、違反切符を切られずに済みそうなレジェス。その後本人は、「写真を撮ったときは、車を停めていた」と弁解したが、今回の一件で「セルフィー」はもうこりごりかもしれない。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る