2015.01.26

レアル下部在籍の中井君も対象か、FIFAがスペイン複数クラブの補強調査へ…現地報道

[写真]=Getty Images

 スペイン紙『アス』は26日、18歳未満の補強に関してのルール違反があったとして、レアル・マドリードがFIFA(国際サッカー連盟)から調査の対象となっていることを報じたが、アトレティコ・マドリードも調査の対象となっており、その続報を伝えた。

 同紙はレアル・マドリードが獲得したベネズエラ人、マヌエル・ゴドイとフェルナンド・マシアスの2選手と、日本人の中井卓大君が調査の対象となっていると報じた。アトレティコは下部組織所属のオバマ兄弟などが対象になっているとみられる。

 さらに同紙は、バレンシアやラージョ・バジェカーノといった他のリーガクラブも今後、調査の対象になるとみている。スペインではすでにバルセロナが同様のルール違反でFIFAから今冬と今年夏の補強活動禁止処分を受けている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る