2014.12.30

アトレティコ復帰を喜ぶトーレス「このクラブに特別な思いがある」

トーレス
2007年、アトレティコに所属していた際のトーレス [写真]=Getty Images

 ミランから2015-16シーズンまでとなる期限付き移籍で、古巣アトレティコ・マドリードへの復帰が決まったFWフェルナンド・トーレスが、現在の心境を明かした。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 トーレスは2007年7月にリヴァプールへ移籍して以来、約7年半ぶりの古巣復帰。アトレティコ・マドリードの下部組織で過ごし、17歳の時にデビューした同選手は「アトレティコのファンとして、クラブを離れた時は苦しかった。でも、僕もアトレティコも進化したし、この数年で多くのトロフィーを手にした」とコメント。さらに、「子どもの頃から僕はアトレティコのファンだ。このクラブに特別な思いがある。他のチームでプレーしていたけれど、アトレティコのようなクラブは他にはないよ」と語り、今回の復帰を喜んだ。

 トーレスはメディカルチェック完了後、イタリアの移籍市場が開く2015年1月5日に正式加入となる予定。アトレティコ・マドリードでは、これまで244試合に出場して91ゴールを記録している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る