FOLLOW US

メッシがドーピング検査に疑問…自身のSNSで「僕だけが血液検査も」

バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ [写真]=Getty Images

 バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが8日、自身が受けたドーピング検査について疑問を呈している。

 同日、スペインのスポーツにおける健康保護のための組織「AETSAD(Spanish Agency for Protection of Health in Sport)」が、メッシ、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、同DFジョルディ・アルバ、クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチ、チリ代表GKクラウディオ・ブラーボの5選手にドーピング検査を実施した。

 その後メッシは、インスタグラムで自分だけが尿検査と血液検査の2つを受けたことを明かし、「今日はドーピング検査の日だった。選ばれた5人の中で、僕だけが尿と血液の検査をやった。おかしいね……」とコメント。検査で理不尽な扱いを受けたと嘆いている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA