2014.12.01

アトレティコ対デポルでウルトラスが激突…川に投げ込まれた男性が死亡

デポルティボ
アトレティコ戦前、警察に囲まれ、不安な表情を見せるデポルティボサポーター [写真]=Getty Images

 スペインサッカーに悲劇が起きた。リーガ・エスパニョーラ第13節のアトレティコ・マドリード対デポルティボの試合前、両チームのファンが衝突し、1名死亡した。

 死亡したのはデポルティボのファンである43歳のフランシスコ・ロメロ・タボアダさん。ロメロ・タボアダさんは、この日試合が行われたアトレティコ・マドリードの本拠地ビセンテ・カルデロンの近くを流れるマンサナレス川に落ちて、心肺停止となり病院に運ばれたが、12時から始まった同ゲームの試合終了直後、現地時間11月30日14時に亡くなった。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 警察はこの衝突で24名を逮捕。逮捕者は各チームの熱狂的なサポーターグループであるウルトラスのメンバーだ。デポルティボのウルトラス『リアソール・ブルース』、アトレティコ・マドリードのウルトラス『フレンテ・アトレティコ』に加えて、マドリッドに本拠地を置くラージョ・バジェカーノの『ブカネロス』と2部アルコルコンの『アルコル・フーリガンズ』もいた。

 サポーター同士の衝突はスタジアムの近くににデポルティボのサポーターのバス数台が到着した9時頃から始まり、約200人が参加していた。近くの喫茶店やレストランのイスやテーブル、木の棒が投げられていた。また川に人を投げ落としているシーンもカメラに録画されていた。

 スペインサッカーは1980年代から今日までにこうした暴力により、9人の死亡者を出している。

 試合後、アトレティコ・マドリードのエンリケ・セレソ会長は「数時間前、ここから500メートル離れた場所で起こった事件を非難したい。これはサッカーとは関係のないことだ。過激なグループが起こしたことで、私たちとは関係はない。全てのチームの間で平和と融和がなければいけない」と話し、こう続けた。

「ずっと前から言い続けている。サッカーの試合は家族が楽しむためのものであり、このようなことが起こるためのものではない」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング