2014.11.18

レアルのクロアチア代表モドリッチは腱断裂…6週間離脱の可能性も

モドリッチ
イタリア戦で負傷交代となったMFモドリッチ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは17日、同クラブに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、大腿直筋の腱断裂との診断を受けたと、クラブ公式サイトで発表した。

 クロアチア代表は16日に行われたユーロ2016予選のグループH第4節でイタリア代表と対戦。試合はイタリア代表が11分、ラツィオに所属するMFアントニオ・カンドレーヴァのゴールで先制するも、クロアチア代表は15分にヴォルフスブルグ所属のMFイヴァン・ぺリシッチが同点ゴールを挙げて1-1の引き分けに終わった。

 同試合の27分に負傷交代したモドリッチは、クラブの施設で精密検査を行ったところ大腿直筋に腱断裂が発見された。復帰期間は明かされていない。

 クロアチアメディア『HRT』によると、クロアチアサッカー協会の医療責任者を務めるボリス・メネック氏が試合後に「良くは思えない。僕の意見では、彼は4~6週間離脱するだろう」とコメント。モドリッチは「けががどんだけ深刻化は分からない。だが数試合は欠場するだろうね」と語っていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る