2014.10.26

クラシコでPK献上のバルサDFピケ「わざとじゃないが触ったのは確か」

ピケ
PKを献上したバルセロナDFピケ [写真]=Getty Images

 バルセロナは25日に行われたリーガエスパニョーラ第9節でレアル・マドリードと対戦し、1-3の敗戦を喫した。バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケは、クラシコを振り返りコメントしている。バルセロナ公式サイトがピケのコメントを伝えた。

 試合は、4分にネイマールのゴールでバルセロナが先制に成功するも、35分にポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドのゴールでマドリーに追いつかれると、50分にはポルトガル代表DFペペ、61分にもフランス代表FWカリム・ベンゼマにゴールを許し、1-3で敗れることとなった。試合後、ピケは次のように語っている。

「前半は悪かったわけじゃない。でも、2失点目を喫した後、僕たちはより攻撃的になったね。敵地(ベルナベウ)でオープンになり、カウンターで苦しめられたんだ。個人的には、結果は妥当だと思うよ」

 またピケは、35分に自身のハンドでPKを献上してしまったことについて「僕はピッチに倒れた。わざとじゃないけど、ボールにタッチしたのは確かだ」とコメント。故意にボールに触れた訳ではないと主張した。

 バルセロナは次節、11月1日にホームでセルタと対戦する。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る