FOLLOW US

スペイン代表指揮官「バロンドール最後の1人にリベリーを選んだ」

スペイン代表を率いるデル・ボスケ監督 [写真]=Getty Images

 スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督が、今年のFIFAバロンドール(世界年間最優秀選手賞)の投票に関して、頑なに伏せてきた選手の名を明らかにした。

 これまでのインタビューでは、票を入れた3選手のうちの2選手がバルセロナのMFシャビ・エルナンデスおよびMFアンドレス・イニエスタの両スペイン代表だったことしか説明してこなかったデル・ボスケ監督。しかし、スペインのラジオ局『Onda Cero』のフットボール番組内で、もう1人の選手がバイエルンのフランス代表MFフランク・リベリーであったことを告白した。

 同賞の最終候補3名には、リベリーと共にバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシおよびレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが既に選ばれているが、デル・ボスケ監督は自身の選考理由を次のように説明した。

「バロンドールに関しては、自分の信念に基づいて投票したまでであり、論争に足を突っ込む気はない。私まず、シャビとイニエスタを選択した。そして最後の1人には、スペイン人選手ではなく、論理的な理由によりリベリーを選んだ。なぜなら、彼はヨーロッパで最も多くの勝利を手にした男だからだ。ブンデスリーガ、ドイツカップ、チャンピオンズリーグの3冠を達成したバイエルン、ワールドカップの本大会出場を決めたフランス代表と、彼は双方のチームを代表するに相応しい選手だ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO