FOLLOW US

左耳鼓膜裂傷のX・アロンソ、完治に最低1カ月もプレーに支障なし

レアルのシャビ・アロンソ(右)がバレンシア戦で負傷 [写真]=Getty Images

 22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第17節バレンシア戦に3-2で競り勝ち、年内最終戦を白星で締めくくったレアル・マドリードが、新年に向けて心配されたスペイン代表MFシャビ・アロンソの欠場という最悪の事態を回避することができた。

 バレンシア戦にフル出場したものの、後半13分に相手DFマテューと接触した際の影響により、試合後に左耳に違和感を覚えたシャビ・アロンソは、翌23日に行われた精密検査の結果、鼓膜が裂傷していることが判明。完治には最低でも1カ月、最高で2カ月の期間を要する模様で、それまでは引き続き患部に違和感を伴うと見られている。

 だが、幸いにもプレーには支障がないとのことで、シャビ・アロンソは2014年の公式戦初戦となる6日の第18節セルタ戦はもちろんのこと、2日のパリSGとの親善試合にも出場が見込まれている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO