2013.12.23

バレンシアに競り勝ったレアル指揮官「とても重要な結果」

アンチェロッティ
レアルのアンチェロッティ監督がバレンシア戦を振り返った [写真]=Real Madrid via Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第17節が22日に行われ、バレンシアとレアル・マドリードが対戦。レアル・マドリードが3-2で競り勝った。

 試合後、レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アンチェロッティ監督は、「監督交代の後のチームというのは、高いモチベーションと意欲があるものだ。難しい試合だったが、我々は全体的に良い試合をした。より激しいリズムでプレーする必要があるが、先制点の後に我々はペースダウンしてしまった。我々は最後の段階まで、勝利への意欲を持っていた。苦しんだが、出た結果はとても重要なものだ」と、試合を振り返った。

 そして、スペイン代表MFイスコについては、「最も問題を抱えていたが、それは相手の(ダニエル)パレホとオリオール(ロメウ)が良い仕事をしたから。プレーのコントロールは良いものだった」と、コメント。そして、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアを称え、「彼はこのチームでプレーするだけの価値がある。ただ、チームにいる選手全員を満足させることはできない。チーム内で競争があるのは、ビッククラブでは普通のこと。全ての選手がそれにうまく向き合っている」と、話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る