2013.12.21

バルセロナ、主将プジョルに続きマルティーノ監督にも退団報道

マルティーノ
退任の可能性が報じられたマルティーノ監督 [写真]=Getty Images

 先日、主将のDFカルラス・プジョルの退団の可能性がクラブ寄りのスペイン紙『Mundo Deportivo』によって報じられたバルセロナに、今度はヘラルド・マルティーノ監督の退任の噂が母国アルゼンチンで浮上した。

 この夏にバルセロナの指揮官に就任したばかりのマルティーノ監督。だが、アルゼンチンの専門チャンネル『DIRECTV Sports』によると、プレースタイルへの度重なる批判やジョゼップ・グアルディオラ監督時代の黄金期とのしつこい比較などにより、新天地での仕事に幸せを感じておらず、シーズン後の退団希望を親しい友人に漏らしたという。

 なお、この突然の報道の背景には、マルティーノ監督が先日行われた記者会見で、「このクラブには必要不可欠な者など存在しない。もちろん、それは監督にも当てはまる」と、自信の去就をほのめかすかのような発言をしたことがあるようだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング