FOLLOW US

セビージャのエメリ監督「知っていながら、罠に落ちてしまった」

国王杯の初戦敗退を嘆いたエメリ監督 [写真]=Getty Images

 強豪復活を目指すセビージャが、4シーズン振りの制覇を狙ったコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)でよもやの初戦敗退を喫した。1部の20チームが登場する同大会4回戦、3部のラシン・サンタンデールと対戦したセビージャは、6日にアウェイで行われた1st Legを1-0で制したものの、18日にホームで行われた2nd Legに0-2で落とし、逆転で敗退を喫した。

 試合後の会見に臨んだウナイ・エメリ監督は、「クラブにもサポーターにも申し訳ない」と謝罪すると共に、圧倒的に有利な状況を前にして逆にチームの歯車が狂ってしまったことを嘆いた。

「この一戦には罠があるということを知っていながら、我々はそれに落ちてしまった。試合で想定されるあらゆる障害を分析し、最高レベルのパフォーマンスを見せなければならないことを認識していたにも係らず、そのようなプレーができなかった」

 エメリ監督は一方、頭を切り替えてリーガ・エスパニョーラおよびヨーロッパリーグでの戦いに集中することの重要性を説いた。

「特定の選手に責任を押し付けるつもりはない。我々のコパ・デル・レイは終わってしまったのだから、もはや大会における解決策はないのだからね。だが、問題点は確認ならびに修正していかねばならない。今は頭を上げて、“セビジスタ”(セビージャのファン)に許しを請い、残された2つの大会に全力を注ぐことが求められている」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO