2013.12.05

バルサ撃破で4位浮上のビルバオ「CLを考えるのは重大な過ち」

 開幕から14試合無敗だったバルセロナに今シーズン初黒星をつけ、時のチームとなっているアスレティック・ビルバオ。U-23スペイン代表MFイトゥラスペが、本拠地サン・マメス・バリアでの1-0の白星を振り返った。

「バルセロナ相手の勝利はハードワークの賜物だ。僕達はとても厳しい戦いを見せることができた。全てのラインが連係し、全選手が集中していた。殆どの時間帯でプラン通りのプレーができたと言ってもいいだろう」

 イトゥラスペはまた、バルセロナ撃破によりホーム無敗記録を伸ばした新本拠地サン・マメス・バリアでのプレーを喜んだ。

「最高レベルのスタジアムで戦えるというのは特権だ。僕達はそれに見合ったプレーをして、このスタジアムでの試合は厳しいということを相手に知らしめなければならない。フットボールはメンタル面の影響が極めて強いスポーツだ。流れに乗っている時はあらゆる事が上手く行くが、流れが悪くなり始めたときに踏ん張るのが何よりも難しい。そういった意味で、熱烈な応援を送ってくれるサン・マメスのサポーターの存在は本当に大きいね」

今回の勝利により順位を5位から4位に上げたアスレティック・ビルバオだが、イトゥラスペは、チャンピオンズリーグの出場権獲得を目指すのは時期尚早との姿勢を示している。

「チャンピオンズリーグ出場を考えるのは重大な過ちだ。チームがどこから出発したのかを見失ってはならない。まだ、試合は無数に残っており、長丁場のシーズンを乗り切る鍵は、安定性を維持することだ。幸いにも僕達は、地に足を付けた形で目標を見据えており、現時点でチャンピオンズリーグをターゲットにするのは意味がないとの考えで一致している」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る